ピアノ 高橋健介のブログ

ピアニストとして活動している高橋健介のブログです。主にオペラや歌曲を弾いています。現在、二期会研修所ピアニスト。東京藝術大学音楽研究センター教育研究助手。

リート尽くし

だいぶご無沙汰しました。

 

先日、岩手の一関でオール・シューマンのコンサートを終えました。

《詩人の恋》を一緒に演奏したのは曽部遼平くん。大学1年の時からよく一緒に演奏している友人です!

そしてなんと大学2年か3年の頃、彼とは一緒にドイツを旅して、シューマンの墓やハイネの歌詞に出てくるケルン大聖堂ライン川を観たのです。

お互い成長して、彼の地元で演奏できたのが嬉しかったです!

 

《女の愛と生涯》は松浦恵さんと。大学院入学以来、よく一緒に演奏させてもらっている友人です。

そんなお二人とのオフショット。

 

f:id:kensuketakahashi:20180322164733j:image

 

 

このコンサートのためにお互いの先生方や自分の先生のレッスンに何度も通ったりして、とても濃密な時間でした。

それでも出来ないことは山積みですが、今できることに集中してできたのではないかなと思います。

 

-----------------------------------

 

そして再び4月20日(金)には、メゾ・ソプラノの石原良子さんのリサイタルでシューマン《女の愛と生涯》を弾きます。

シャミッソーの歌詞の対訳を若杉民さんの朗読で交えながら、演奏をするという試みもします。

またこの朗読が素晴らしいです!音楽が無くてもここまで表現できるものなのかと毎回感嘆しております。

 

ホールは銀座のヤマハホールヤマハの新しいCFXを弾けるのも楽しみです。

 

詳細↓

https://www.yamahaginza.com/hall/event/003318/

 

2018年4月20日(金)18:00開場、18:30開演

出演

石原良子(メゾ・ソプラノ)
高橋健介(ピアノ)
若杉民(朗読)

 

シューマン:《女の愛と生涯》

                             朗読:若杉民
ブラームス:《6つの小品》Op. 118-1, 2
ドヴォルザーク:《ジプシーの歌》
武満 徹:小さな空
小林秀雄:落葉松

 

メッセージ等頂ければチケットご用意できます。当日券も大歓迎です。

 

-----------------------------------

 

そして3月25日から4月13日辺りまで、しばし船の旅に出かけます。

普段自らはなかなか行かないであろう、シンガポール、タイ、モルジブオマーンなどを周って、船の中で演奏、レッスン等してきます。

 

連絡は遅くなるかもしれませんがauのアドレス以外なら取れるかと思います。

花粉から逃げる嬉しさと花見ができない寂しさがありますが、充実した日々にしてきます。

 

f:id:kensuketakahashi:20180324215725j:image

 

それでは!