読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノ 高橋健介のブログ

ピアニストとして活動している高橋健介のブログです。主にオペラや歌曲を弾いています。現在、二期会研修所ピアニスト。東京藝術大学音楽研究センター教育研究助手。

新年度。

瞬く間に4月になりました。ようやく春らしくなってきたところですね!

 

今年度からは、東京藝術大学音楽研究センター教育研究助手としても働きつつ、活動していく予定です。

学生の時に幾度となく通った音研センターですが、また違う立場で関われることができて嬉しいです。施設や貴重な資料についても色々と紹介していけたら良いと思ってます。

 

上野の桜。

f:id:kensuketakahashi:20170405203236j:image

 

さて、新年度さっそくですが、福島で芸大の同級生たちとコンサートがあります。

その名も「Canto dabbe カントだっべ」!

(「〜だべ」(東北付近の方言)のだっべです。「カント」(歌)と合わせると意外と語呂が良い!?もしくは慣れただけかな。)

 f:id:kensuketakahashi:20170405203537j:image

 

東北出身の6人の歌い手さんが集まっているのでそれぞれの出身地で毎年開催して早くも4回目です。

 f:id:kensuketakahashi:20170405203553j:image

 

福島県は祖父母の出身地でもあり、小さい頃からよく行っていました。

福島市で演奏するのは初めてです!福島県ではおそらく5 回目くらい!?

楽しみです。

 

それでは。

 

3/12(日)東京音大100周年ホールにて。

こんばんは。今日は3月11日、震災から6年経ちました。

あれから日本人の考え方や価値観が随分変化したように思います。

自分自身も色々と変わっているのかもしれません。

 

さて、明日は東京音楽大学付属高校の卒業・修了演奏会があります。

 f:id:kensuketakahashi:20170311214506j:image

私が伴奏するのは、大高レナさん。高校生であることをいつも忘れてしまいます(笑)

もう立派な大人の演奏で、将来も本当に楽しみです!

 

他にもびっくりするような演奏が聴けると思います♪

東京音大は中学の時によくレッスンで通っていた思い出の場所。そのホールで演奏できるのが楽しみです(当時はまだできていませんでしたが)!

 

 

二期会の授業も今年度は終わり、クラスの方々に色紙を頂いてしまいました。

こういうのを今までほとんどもらったことがなかったので、本当に嬉しいです!部屋に飾らせていただきます。

 f:id:kensuketakahashi:20170311214850j:image

 

それでは。

 

イタリア周遊①

先日、インフルエンザにかかってしまい、多方面でご迷惑おかけしてしまいました。

熱が出たのはいつ以来だろうと思って内科に行ったら、9年ぶりと言われ、カルテも無くなっているとのこと。

体調を崩して、本番や稽古を代わってもらうといのも初めての経験で、こんなことが本当にあるものかと思いました。体調管理や伝染病の予防はしっかりしなければならないと身をもって感じました。

 

__________________

 

さて、11月にまわったイタリアの都市のことを書きます。まわった都市は、

パルママントヴァ、ノヴェッラーラ、フェッラーラ、ヴェネツィアパドヴァフィレンツェ、ミラノ、ボローニャ

うん。よくこれだけ行きました。ボローニャパルマは2回目、ミラノは3回目でしたが、他の都市は初めてです。

なぜこれだけまわったのか。

 

今流行りの言葉で言えば「聖地巡礼」です。

何の聖地巡礼でしょう。

お分かりになる方は少ないと思いますが、私が昨年書いた修士論文聖地巡礼です(笑)

 

論文中で何度これらの都市をキーボードで打ったことか(ミラノとボローニャ以外 ※この2つの都市はオペラを観るために行きました)。

 

私はルネサンスのマドリガーレとオペラの関係を書いていたので(特にチプリアーノ・デ・ローレとジャケス・デ・ヴェルトという作曲家を中心に)、ルネサンスに栄えた都市が多いかと思います。ノヴェッラーラはかなりマイナーな都市かもしれません。ヴェルトが働いていた街です。

 

ということで、今回はマントヴァ、ノヴェッラーラ、フェッラーラについて少し書きたいと思います。

 

マントヴァ

 

マントヴァはオペラ好きにとっては、リゴレットの街だと思いますが、その昔、モンテヴェルディが働いていた街でもあります。

 

マントヴァはイザベッラ・デステによって、北イタリア・ルネサンスの中心として隆盛します。

多くのマドリガーレ、それからヘンデルリナルド》、ロッシーニの《アルミーダ》などのオペラの原作となった『エルサレム解放』で有名なトルクァート・タッソも、マントヴァについて、こんなことを言っています。

こちら(確かドゥカーレ宮殿の壁)。

 f:id:kensuketakahashi:20170131004254j:image

 

マントヴァは非常に美しい都市であり、マントヴァを見るのに1千マイル旅行するほど値打ちがある。」トルクァート・タッソ、1586年。

 

曇っていますが、ドゥカーレ宮殿。ゴンザーガ家の宮殿。

 f:id:kensuketakahashi:20170131004316j:image

1607年、モンテヴェルディの《オルフェオ》が初演されたのはドゥカーレ宮殿の一室です。今は残念ながら非公開です。

 

中は次から次へと豪華な部屋が。

中でも一番有名な「結婚の間」

f:id:kensuketakahashi:20170131004344j:image

f:id:kensuketakahashi:20170131004356j:image

 

 

右奥の建物は、バシリカ・ディ・サンタ・バルバラ。ヴェルトやモンテヴェルディが働いていた宮廷礼拝堂です。

 f:id:kensuketakahashi:20170131004418j:image

 

夜の宮殿も素敵でした。

f:id:kensuketakahashi:20170131004456j:image

 

 

②フェッラーラ

 

ここも、ルネサンスにエステ家によって栄えました。16世紀のフェッラーラは文化的に最先端をいっており、他の都市から調査が来たり、ライバル視されたり、とにかく革新的な試みで繁栄していました。

マドリガーレ作曲家にとっても重要な地で、ローレやヴェルトの他にもルッツァスキやジェズアルドなども拠点にし、プロの音楽家による初の女性アンサンブルであるコンチェルト・デッレ・ドンネも活動していたり、当時の新しい音楽が響き渡ってたことでしょう。

 

エステンセ城。

 f:id:kensuketakahashi:20170131004513j:image

 

 

ちょうど、フェッラーラで500年前に初版されたことを記念して「アリオストの『狂えるオルランド』展」がやっていました。

『狂えるオルランド』も数々のマドリガーレ、バロック・オペラの原作になっています。

f:id:kensuketakahashi:20170131004532j:image

初版本なんかが見れて、興奮しました。

 

クリスマスのマーケットも開いていて、街は明るい印象。

フェッラーラの伝統的お菓子、Pampapato(パンパパート)も買いました。写真を撮るのを忘れたので他から拝借。

f:id:kensuketakahashi:20170131005640j:image

オレンジの皮やクルミが入っていて、最初は違和感ある味なのですが、徐々にハマっていきます。

 

③ノヴェッラーラ

この街は知る人ぞ知る街?

日本人だったら、ヴェルトに興味のある人しかいかないでしょう。そもそもヴェルトに興味ある日本人て数えるほどしかいないでしょう(笑)

レッジョ・エミーリアから、田舎道をのこのこ電車に乗っていると着きます。

窓からの風景。

 f:id:kensuketakahashi:20170212170156j:image

Trenitaliaの系列ではないローカル線なので、帰りはTabacchiで(バスの切符みたいに)切符を買いました。

 

中心部はとても綺麗でした。

 f:id:kensuketakahashi:20170212170229j:image

 

 

この街にヴェルトがいたのかと思うと感慨深かったです。

でも、特に観光スポットもないので、ヨーロッパ恒例!?作曲家や作家の「通り巡り」。

 f:id:kensuketakahashi:20170212170254j:image

f:id:kensuketakahashi:20170212170321j:image

f:id:kensuketakahashi:20170212170339j:image

f:id:kensuketakahashi:20170212170400j:image

f:id:kensuketakahashi:20170212170416j:image

f:id:kensuketakahashi:20170212170432j:image

 

これに限らず、レオンカヴァッロ、マスカーニ、ポンキエッリ、D.スカルラッティ、などなど。住人には変な目で見られながらの撮影。 

 

そんなわけで、また気が向いたらイタリア周遊②を更新します。

 

 

明けましておめでとうございます

というには少し遅くなってしまいましたが、2017年もよろしくお願い致します!

 

昨年の11月は2週間ほどイタリアに行っていました。音楽に関係する素敵な街を色々とまわったので、徐々に載っけていきたいと思います! 

 

さっそくですが、1/15のお昼に銀座の音楽ビヤプラザライオンで行われるコンサートのお知らせです。日曜の昼に銀座でランチしながら音楽はいかがでしょうか?もしご興味のある方がいらっしゃれば、是非いらしていただけたら嬉しいです。

 

1/15(日)11:30開場、12:30開演
入場料 5000円 ワンドリンク・ランチプレート・デザート・珈琲付き

ソプラノ 小村朋代
メゾソプラノ 吉田貞美
ピアノ 高橋健介
ご予約 03-3573-5355 (正午〜22時)

 

f:id:kensuketakahashi:20170108223007j:image

 

歌のお二人は芸大の大学院オペラ科を修了されてご活躍中です!
曲は歌曲からオペラまで盛りだくさんです。今回は同じテーマや同じオペラ(曲は違います ※ロジーナのアリアを除く)でソプラノとメゾソプラノを聴き比べて頂くという面白いコンセプトです。

 

それでは、良い一年にしたいと思います♪

9月のこと。少し10月。


前回の更新からあっという間に1ヶ月以上過ぎてしまいました。「ブログ最近更新されてないよ!」と数人に言われつつも、なかなか踏み出せず…笑

さて、9月のことを少し。
9月12日は、埼玉県高等学校音楽祭(北部地区)でバリトン山本悠尋さんとゲスト演奏で出演してきました。
f:id:kensuketakahashi:20161011225127j:image

30分のプログラムでしたが、久々に魔王を弾いたり、充実したプログラムでした。
僕も中学は吹奏楽部(トランペット)、高校は管弦楽部(コントラバス、後半幽霊部員)だったので、このような音楽祭は懐かしかったです。高校生からエネルギーをもらいました!
秩父高校のホームページにも写真や様子を載せて下さっています。

秩父高校の先生方と山本さんと。
f:id:kensuketakahashi:20161011214239j:image

9月22日と23日は3年間お世話になったオペラ・アカデミー in S.アマデウスの修了公演でした。
2台ピアノでのロッシーニセヴィリアの理髪師》。
学んだことは大き過ぎて書き切れません…これからの人生にとっても本当に大切なことを学んだと思います。

最終日の終演後。
f:id:kensuketakahashi:20161011214916j:image

9月25日は両国のウール倶楽部というカフェでミニコンサート。
メゾソプラノの吉田貞美さんと、ヴァイオリンの小西智子さんと。
f:id:kensuketakahashi:20161011215418j:image

このお店、『モヤさま2』でもさまぁ〜ずと狩野アナが訪れているようです。アンティークな置物に囲まれた素敵なカフェです。
f:id:kensuketakahashi:20161011215505j:image

などなど、あっという間でした。

10月もさっそく本番に稽古と追われています…
そして16日はすみだトリフォニー小ホールにて、人生2度目のアカペラ合唱指揮の本番です!!残念ながら整理券はもう全て出てしまっているようです…

昨日はサントリーホールにてズービン・メータ指揮ウィーン・フィルの《第九》公開リハーサルを聴いてきました。チケットが高すぎて日本ではなかなか聴けないので貴重な時間でした。

その後は学芸大学の大学院オペラ《愛の妙薬》へ。久々のCanto dabbe男性陣集合です!良い写真!笑
f:id:kensuketakahashi:20161011220651j:image

それでは!


8月28日(日)18:30開演 銀座ライオン!!

来週の日曜日に銀座ライオンで本番があります。食事をしに行ったことは何度かありますが、音楽ビアプラザは初めて、もちろん演奏も初めてなので楽しみです。

f:id:kensuketakahashi:20160821222737j:image

はい、派手なチラシです!笑
ソプラノ富田沙緒里さんとメゾソプラノ吉田貞美さんに挟まれて、「悪女と天然と哲学者」というタイトルで行います。

僕は、、、哲学者??
何故かというと第3ステージのプログラムをご覧になれば、お分かりになる方が多いと思います。
弾くだけでなく、色々なことをしながら私が進行役となってハイライトを進めて行きます!
ソロはありませんが序曲を弾いたりもします〜 

是非是非いらして下さい♪

ただ今、岩手の平泉に来ております。
世界遺産まで徒歩で行ける距離の先生宅にお邪魔して、レッスンしたりのんびりしたりしています。

これは朝散歩しに行った毛越寺の浄土庭園の写真です。

f:id:kensuketakahashi:20160821223843j:image

今や史跡ですが、かつてはこの周りに立派なお寺が建っていたんだな〜と想像していたら、なんだか不思議な気持ちになりました。

明日の朝の散歩は平泉の中尊寺です。なんて豪華な散歩!

それでは〜

8/7(日)澤原行正 テノールリサイタル あこがれ 〜軌跡をたどって〜

前回の更新から2週間以上経ってしまいました。あっという間に8月です。

二期会の授業も夏休みに入り、ここ1週間は9月に公演があるオペラアカデミー in S. アマデウスセヴィリアの理髪師》の稽古がずっと続いておりました。

 

さて、またギリギリの告知になってしまいましたが、8月7日(日)14:00〜広島の呉市にて澤原行正さんのリサイタルのピアノを務めます。

リサイタルのタイトルは「あこがれ〜軌跡をたどって〜」です!

 

f:id:kensuketakahashi:20160805221933j:image

 
f:id:kensuketakahashi:20160805221943j:image
 
「軌跡」とはもちろん澤原さんの音楽家としてこれまで辿ってきた道のりのことですが、もしかしたら僕自身の「軌跡」でもあるかもしれません。
 
僕がまだ音楽のことも歌のことも何も知らず、将来やりたいことも定まっていなかった大学1年生の時から、彼の声楽のレッスンに付いて行き、そこでたくさんのことを学んで、いつの間にか今のようなコレペティ(日々勉強中ですが...)の道にのめり込んでいきました。
徐々に声楽家の方との繋がりも広がっていき、今でこそ色々な方と一緒にやる機会に恵まれていますが、大学1年生の頃から定期的に演奏を共にできている人はそう多くありません。
そんな中で学部4年間のレッスン伴奏とその後もコンクールや演奏会で定期的に弾かせてもらっている澤原さんとの共演は、僕自身の軌跡でもあるわけです。
それにしても色々な時期がありました。お互い迷路に迷い込んだり、片方が迷い込んだ時には励ましあったり...(笑)そんな時はいつも何かの作品と一緒で、今回のプログラムにも思い出が詰まっています。
 
今回は賛助出演の嘉目真木子さんのソロや重唱もあり、ボリューム満点のプログラムになっています。
ホールも今年新しく完成した「くれ絆ホール」ということで楽しみです。
広島付近の方は、是非お越しください♪